野球にサッカー、テニスに卓球など動くものを扱うスポーツには動体視力が運動能力に大きく関わっている。

2016年5月、Visionupに世界初の子供向けが追加された。
すでに好評発売中のスタンダードモデルVisionup® Athleteより小さいサイズで子供や、顔の小さい人向け。


動体視力トレーニングメガネ (ジュニアモデル)Visionup Junior VJ11-AF Metallic Black

競技ダンスでもスピードの有るシャープな動きが要求される。
初心者の時は、上級者のスピードが怖い。
上級者のステップが早すぎて、動きがよく見えない。
上手くなってステップが見えてくると、スピードが怖くなくなってくる。

視力は、脳のトレーニングによっても良くなるのだろう。

動体視力が良いと、周りの動きがゆっくりと感じられる。
フロアークラフトも楽にこなせるようになる。

動体視力はトレーニングにより回復、向上させる事ができる。
視力に対する、考えも、技術もどんどん進化している。

スーパー速読・記憶のトレーニングも原理は同じ。
「目の専門家」のトレーニングにより、速読も、スポーツ能力も鍛えることができる。
速読術の資料を一読してみると、速読とスポーツ能力の関係を理解することができる。

ビジョントレーニングによるスーパー速読・記憶術 

Visionupというトレーニングメガネが有る。
世界初の動体視力トレーニングメガネ「Visionup」

Visionupは、アマゾンなどの通販でも扱いが有る。


動体視力トレーニングメガネ (アスリートモデル)Visionup Athlete VA11-AF Ruby Red

最新型Visionup Athlete VA11-AFは、3種類のカラーでカーボン・ブラック、ネイビー・ブルー、ルビー・レッド。

ジュニア用のVJ11-AFは、2種類のカラーでメタリック・ブラック、ジュニア・ブルー。

動体視力のピークは10代後半。
高齢になるといままでよけ切れていたのが、ぶつかってしまったりする。
知らないうちに老化により動体視力が落ちたのだろう。

特に40代からは衰えが激しくなるという、アスリートの限界年齢のひとつの要因なのだろう。
動体視力トレーニングメガネVisionupでは、40代以上でも、高齢者でも動体視力をトレーニングにより回復、向上させる事ができる。

高い買い物なので、使ってすぐポイは避けたい。
簡単に使えて、幅広い年代層で使えることも重要。

使用対象者は8歳から高齢者まで。

1回15分、週に3回、装着して、いつものウォームアップや基礎練習をするだけ
動体視力トレーニングメガネ
は、動体視力のトレーニング中の短時間だけ使用すればよい。
高齢者の転倒防止、老化防止にも

残りの時間は、家族みんなで使う事ができる。
それでも未利用時間が、、利用者が増えれば壊れる機会も増えるが、サークル仲間やご近所さんに体験してもらっても良いだろう。

スポーツビジョントレーニングの実践法は、アマゾンから Kindle版が出ている。
動体視力トレーニング一般について理解することができる。

「見るチカラ」をつけてうまくなる スポーツビジョントレーニングとその実践: 動画で解るシャッターゴーグルを使ったトレーニング法